台北でおいしかったオススメのタピオカミルクティー「50嵐」

台湾旅行と言えば、グルメですね。
グルメと言えばタピオカミルクティー

ほんのり甘いミルクティーとモチモチタピオカの食感。
これは発明ですね(^^♪

今回は私が実際に飲んだ本場のタピオカミルクティーについてご紹介します。

スポンサーリンク



50嵐

そごうから台北駅まで歩く途中の道、善導寺駅の入口付近。
散歩がてら2~3駅歩いてみる?みたいなノリで歩いたのが大失敗。

暑い…。

時間は夕方の5時ぐらい。
10分も歩いたら汗でシャツはグッショリ…。

ちょうど何か飲みたくなったタイミングで50嵐を発見。

余談ですが50嵐というのがお店の名前だと気づく前はジャニーズの嵐が台湾では50嵐と呼ばれてるのかな?と最初は本気で勘違いしてました…。

話は戻って注文です。
日本語メニューはありませんでした。
聞けば出してくれたのかな?でも何となく分かる気がして適当にコレ、みたいな感じで注文しました。

最初は誰もいなかったが、注文している間に四人から五人ぐらい後ろに列を作っていた。
頼んだのは氷なしタイプ。
無糖も選べるので甘いのが苦手な大人には助かります。

そのタピオカミルクティーの味ですが…。

うまい~!

まず、紅茶の香ばしさが口の奥から鼻に伝わる感じにビックリした。
砂糖は入れていないので自然なまろやかさ。
最後にタピオカを吸うのだが、これがモチモチで日本のコンビニで売られているものとは比べ物にならない食感。
タピオカの粒もバラバラで手作り感がありますが、この感じも良いです。
やはり売れている店は違いますね。

サイズは適当に注文したら500mlぐらいのサイズで来て、最初は飲めないかも…と思っていましたが、喉が乾いていたのかサラッと飲んでしまった。

金額は 忘れちゃいました…(+o+)
ネットで改めて調べたら20元とありました。
たぶんそれぐらいです。
安いです(^^♪

台北駅周辺を散策する人は見つけたら是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

最後に

今回は50嵐に行きましたが台湾には数々のジューススタンドがあり、それぞれ個性的で楽しいお店が多いです。
次のどのお店に行こうかな~と考えるだけでもまた台湾に行きたくなってしまいます。

あ、空港の「よくわからないお店」で飲んだものは…でした。
ご注意ください。

それでは、ありがとうございました。

スポンサーリンク