中正紀念堂の所要時間とライトアップの時間は何時まで?

台湾観光に行くと必ず行くと思われる定番スポットが「中正紀念堂」。
25万㎡の敷地に建造された巨大な施設です。

広い広いと言われている「中正紀念堂」はどれぐらの時間があれば観光できるのでしょうか?
また夜のライトアップは何時まで楽しめるのでしょうか?

今回は中正紀念堂の所要時間とライトアップの時間についてご紹介します。

スポンサーリンク



中正紀念堂の所要時間とライトアップの時間

観光の所要時間

中正紀念堂は広いですが、見るところを限定すればそんなに所要時間は必要ではありません。

約1時間~2時間

そんなところでしょうか。

定番のルートは巨大な門や本堂の撮影。
そして本堂の巨大な蒋介石像を見る。

観光客に人気のパフォーマンスは「衛兵の交代式」。
衛兵の交代式は1時間に1回行われるのでタイミングを外さないように。
交代式は人気ですので、15分ぐらい前からスタンバっておかないと他の観光客にベストポジションが取られてることが多いです。
なるべく近くで見たい人は早めに行って、待っておきましょう。

上記の定番ルートだけを見れば1時間ぐらいで回れますね。

メインの観光以外では、資料館やカフェでまったりも出来ます。
あとは回廊を散歩したり、足つぼロードを歩いたりすれば約2時間から3時間ぐらいでしょうか。

夏場は暑くて外で長く観光も出来ないのでしょう。
本格的に暑くなる前の午前中に行った方がいいかもしれませんね。

夜のライトアップの時間


台湾観光も2回目、3回目になると夜の中正紀念堂が見たくなります。

ライトアップの時間はきっちりと決まっていないようですが、以下の時間が目安です。

19:00~22:00頃まで

入口の大中至正門から本堂へと続くライトは幻想的。
雨が降っても不思議な景色でキレイです。

本堂の両サイドに位置する音楽ホールや劇場もライドアップされ、全体的に美しくなります。
夜なので、撮影は三脚があるとブレずに綺麗な写真が撮れるでしょう。

本堂に入れるのは18:00まで。
ライトアップが始まるころには閉まっていますので注意です。

昼間の暑さが苦手な人は、夜のライトアップだけを観光するのもいいと思います。

最後に

今回は中正紀念堂の所要時間とライトアップの時間をご紹介しました。

広場は夜でも地元の若者がおしゃべりしたり、ダンスの練習をしたりしています。
逆に朝は年配の人が太極拳をしています。

地元の人の憩いの場にもなっている「中正紀念堂」。
台湾の人のリアルな空気感が伝わってきそうですね。

では、良い旅を。
ありがとうございました。

スポンサーリンク