12月の台湾で最大イベント!台北101カウントダウン花火!

台湾旅行で年末年始を迎えるなら是非、見ておきたいのが台北101のカウントダウンイベント。

世界中で行われる新年のイベントですが、台北101の花火はすごい!
大人の事情で毎年開催が危ぶまれていますが、2018年から2019年にかけても無事、開催が決定しました。

一般市民からしたら是非、開催してほしいですよね~。

今回はそんな台湾で1番のカウントダウンイベント、台北101のニューイヤー花火についてご紹介します。
大晦日は台北滞在予定の人は是非、参考にしてください。

スポンサーリンク



台北101花火カウントダウンイベント

12月の最終日、毎年沢山の人で賑わう花火イベントですが、もう10年以上も続けられています。
現在では大晦日の大人気イベントになっています。

あの台北101のビルからブシューブシューっと花火が噴き出す光景は圧巻ですね。
花火の時間は数分間ですが、ビルから飛び出す数千発の花火は沢山の人々を魅了します。

花火が終わると「シンニエンクアイラー(あけましておめでとう)」の歓声があちらこちらから沸き起こります。

台北101周辺でもカウントダウンイベントが開催され、アーティストのライブなども行われます。
無料のイベントばかりなので気軽に参加できて楽しめるでしょう。

絶景ポイント

1.インスタ映えスポットでおなじみの「象山(シャンシャン)」。
高い場所からの眺めは格別。
しかし、人気の撮影ポイントなので場所取りは熾烈な戦いとなるでしょう。
朝から場所取りしている強者もいるようです(+o+)

2.MRT象山駅前
象山駅前は花火当日、歩行者天国になります。
人気のスポットで、台北101が良く見えます。

3.国父紀念館
台北101から徒歩圏内で、駅も近い。
広場は台北101の撮影スポットとしても有名です。

4.市政府前
イベントも行われる場所なので、イベント楽しみたい人はこちらがおすすめ。
距離も近く迫力がある場所です。
ただし、人ごみがとんでもないので覚悟が必要。

5.台北101が見えるホテル
お金で解決するならコレ(#^.^#)
人ごみも避けられて温かい部屋から眺める花火は贅沢ですね。
ただし、早めに予約しないとすぐに埋まります。
数ヶ月前から予約している人も多いので争奪戦は覚悟です!
部屋がダメでもレストランやラウンジから見えるホテルもあります。


台北101の花火を楽しむポイント

・場所取り
台北101が良く見える場所は場所取りが大変。
数時間前から待機しておかないと良い場所は確保できません。
携帯用の椅子を準備して疲れないようにしましょう。

花火を綺麗に撮影したいなら三脚もほしいですね。

・交通規制に注意
当日は19時頃から台北101周辺は交通規制が入ります。
バスやタクシーも入れませんので、MRTで行くことになります。

ただ地下鉄も激烈混雑するので、なるべく台北101から歩いて帰れるホテルを選ぶ方が無難です。
MRTの入口で駅にも入れずに待つことになります。

・トイレに注意
当日はものすごい人ごみです。
トイレは混雑しますから、なるべく早く行動してトイレも行列覚悟で行きましょう。
またドリンクはガブガブ飲まないように注意です。

・食べ物は持っていく
周辺で食べ物を買うことは難しいと思いましょう。
事前に軽食を準備して向かいましょう。

・風向きに注意
風向きが悪いと煙ばっかりで花火が見えないことも…。
こればっかりは運ですね。
狙うスポットは一か所に限定せずに、風向きが悪ければ反対側に回る余裕はほしいですね。


現地のオプショナルツアーで花火を楽しむ

慣れない国での大きなイベントに不安を感じているなら現地ツアーを利用するのも良いかも。
難しいことはプロに任せて花火と食事を楽しむプランがあります。

流れは「台北101」→「夜明け前の国旗掲揚」→「朝食」です。
ちょっとハードがも知れませんが、台湾の年末年始と元旦を楽しみたいならいかがでしょうか(^^♪

↓ツアーに含まれるもの
・日本語ガイド料金
・ホテルピックアップ
・交通費

【台北市内】「台北101」年越しカウントダウン!+「総統府」で国旗掲揚儀式見学 + 年越し朝食ツアー《日本語ガイド/ホテルピックアップ付き》


最後に

今回は台湾で行われる12月最大のイベント「台北101ニューイヤーカウントダウン」についてご紹介しました。

人ごみがすごいので、事前準備が大事。
年末年始に台湾に行くなら、見に行ってはいかがでしょうか。

日本では見られないビルから噴き出る花火を堪能してください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク