台湾に行くなら是非行きたい「占い横丁」

台湾旅行に行く楽しみはグルメやショッピング。
それ以外でもスピリチュアルな体験を求める人も増えています。

台湾では占いも人気で、日本語対応しているお店も多いです。

せっかく行くなら最初は気軽に行けるお店がよいですね。
今回はそんな台湾で日本人が行きやすい占い横丁をご紹介します。

スポンサーリンク



占い横丁

台湾の人は占いが好きで普通に生活の一部として利用しているそうです。
子供の命名から会社を始める人は会社の名前を決めるための助言をいただいたりしている。
なんと、将来の伴侶も占いで決める人もいるらしい…。

そんな占いのお店並ぶ「占い横丁」は行天宮駅からすぐの地下。

ただし、占う前に「行天宮」でお参りするのが定番のルートみたいです。

民権東路と松江路の交差点にある行天宮は三国志の英雄で、商売の神でもある関羽が祭られている。
商売繁盛の神様でもあるので、仕事運をアップさせたい人は、占う前に是非お参りすべき(^^♪

「占い横丁」は行天宮の中ではありません。
地下道にあるので勇気を出して地下に降りましょう~。

「占い横丁」は行天宮へ行く参拝客目当てに作られたそうです。

「占い横丁」は日本人にとって便利で、日本語が通じる人が多い。
昔は数件しか日本語対応していなかったらしいが、日本人の観光客が大半を占める現在では日本語にしっかり対応しているようです。

地下道は通路がHの文字型になっている不思議な作り。
東区と西区に11件ずつお店がならんでいます。

そういえば桃園空港もHの文字で作られています。
風水的に意味でもあるのかな?

占いの種類は東洋占星術の四柱推命から始まって、手相、風水、方角などいろいろな占いが並ぶ。

日本語が使えるお店はお店の前に書かれているのですぐにわかるでしょう。
日本語ができない人も簡単な会話は使える人が多いので確認してから入るとよい。

金額は500元から1000元ぐらいが相場です。

占い横丁への行き方

MRT行天宮駅で下車し3番出口へ。
3番出口を出たら右方向にまっすぐ進むとあります。

実は正式な名称は「松江路命理街」です。
日本語で「占い横丁」と書いてある看板もあるはずなので迷うことはないでしょう。

お店は各占師が自由に営業しているので時間帯によっては閉まっているお店が多いことも。
朝の時間帯はまだ開店していないお店が多いです。
午後に行った方が選べるでしょう。

最後に

今回は台湾の占い横丁のご紹介をしました。

これがきっかけになって、さらにディープな台湾の占いにはまる人もいるんだとか(^^♪
台湾にはパワースポットも沢山あるのでスピリチュアルがメインの旅行も楽しいですね。

是非、参考にしてください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク