8月に台湾に行く?気になる気温や服装チェックで旅行を完璧に!

8月といえば夏休み
台湾の学校も7月と8月はお休みです。

台湾の夏は日本よりも気温も高く、湿度も高い。
台風に遭遇する確率も格段と上がる季節。

日本の夏休みも重なって観光客が増えるシーズンでもあります。
そんな8月の台湾旅行ですが、気温や服装についてポイントがいくつかあります。

今回は8月の台湾の気温や天気、服装についてご紹介します。

是非、台湾旅行に行く前の参考にしてください。


台湾8月の気温

n1naさん(@magie_du_photo)がシェアした投稿

8月の気温と天気

8月の気温は最高で40℃近く上がることもあります。
基本的に日中は35℃ぐらい。
これが毎日続くので「南国」らしいですね。

台湾の夏は「外が暑くて、中が寒い」。
夏なので外が暑いのは当たり前ですが、台湾のお店や公共機関は冷房が強いので場所によってはかなり寒いです。

8月の台湾各地の平均気温と降水量。
7月と同じぐらいですね。

  • 台北 Taipei
    《最高気温》32℃
    《最低気温》24℃
    《降水量》 266mm
    《降水日数》15日
  • 台中 Taichung
    《最高気温》32℃
    《最低気温》25℃
    《降水量》 317mm
  • 台南 Tainan
    《最高気温》32℃
    《最低気温》26℃
    《降水量》 418mm
  • 高雄 Kaohsiung
    《最高気温》32℃
    《最低気温》26℃
    《降水量》 426mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


南国らしく大雨(スコール)も注意するポイント。
まずは濡れても大丈夫な服装。
そして雨対策グッズ。

日本から折りたたみ傘雨合羽ウインドブレーカーを持っていきましょう。
小さく畳めるタイプでカバンの底にしまっておけば、いつでもすぐに使えて便利。
現地でも問題なく買えますが、時間がもったいないかと…。

熱中症にも注意が必要ですので、お出かけの際には必ず「水」を持ちましょう。
ちなみに「水道水」はNG。
必ず買いましょう。

ミネラルウォーターはコンビニに行けばどこでも買えます。
心配せずに必要な量だけ持ち歩きましょう。

台風シーズン

夏の台湾は台風を避けて通ることができません。
8月の台湾旅行は「運」を味方につけたいものですね(#^.^#)

もしも旅行中に台風が直撃してしまったら?

ホテルで缶詰です(T_T)
施設が充実しているリゾートホテルならホテル内の遊べる場所で時間を潰すしかないですね。
また、ビジネスホテル程度の施設であれば、部屋に引きこもるしかありません。

台風が直撃すると分かったら、すぐに買い物に行って、食料暇つぶしグッズを買っておきましょう。

万が一飛行機が欠航する、なんて自体も考えられます。
旅行の際は、台風で欠航した場合の保障があるかどうか、チェックしておきましょう。

海外旅行の保険だったり、航空券を購入した時のクレジットカードにも旅行保険があります。
先にこのような保障などを調べておけば、いざという時に役立ちます。

8月の服装

基本的に真夏の服装を準備しましょう。
ポイントは「濡れても大丈夫な服」「冷房対策に長袖をプラス」。
あとは夏の旅行で持っていく服装を揃えておけばOKでしょう。

  • Tシャツやハーフパンツ
  • 女性はワンピース
  • カーディガン、ストールなど(冷房対策)
  • タオル
  • 帽子、サングラス
  • 日焼け止めグッズ
  • 熱中症対策に水
  • 濡れてもよい服
  • 汚れてもよい服

雨で泥が跳ねたり、汗を大量にかいたりします。
また、夜市で食べ物の汁が跳ねたりもします。

それで汚れても大丈夫な服装が必要なのです。

白い服や靴、お気に入りの高級な服装は持っていかないほうが良いかと思います。
靴はヒールは傷つく可能性があるのでパンプスやスニーカーを選びましょう。

台湾の日差しは日本と比べて、かなり強烈
サングラスは必ず持っていきましょう。

また、昼間はなるべく歩き回らないほうが良いです。
無理をせず、必要ならばタクシーを使って体力を温存しましょう。

台湾の人も昼間は歩きません。
短い距離の移動でも、バイクを使ったりして「これぐらい歩きなさいよ」と思う場面もありますが、慣れると理解できます。
「歩く気がしないぐらい暑い」が正解。

それで午後から活動的になって、夜市などが盛り上がっているんでしょうね。
南国文化ですね。

私のオススメ!あると便利な持ち物

最後に

今回は8月の台湾の気温と服装についてご紹介しました。

まとめ

  • 気温は30℃以上
  • 台風シーズンが本格化
  • スコールも多い
  • 服装は真夏のもの
  • 冷房対策も忘れずに
  • 熱中症に注意
  • 日焼け対策グッズは必須
  • 昼間は無理に出歩かない

どうしても昼間の行動が多くなる人はこまめに休憩を取りましょう。
あと水分補給は忘れずに。

台湾の夏はベタベタとジメジメが避けられません。
なるべく昼間はカフェなどでゆったりして、日が傾いてから出かけてみてはいかがでしょうか?

では、楽しい台湾旅行を!
ありがとうございました。