台湾旅行のベストシーズンはいつごろ?この時期です!

台湾旅行に行くなら、なるべく快適な気温の時に行きたいものです。
では台湾のベストシーズンは何月ごろなのでしょうか?

また金額が安くなる時期が「ベスト」と考える人もいるでしょう。
飛行機のチケットやホテルが格安になるシーズンも調べてみました(^-^)

今回は台湾旅行のベストシーズンについてご紹介します。



台湾旅行のベストシーズン

ベストな季節

一般的に台湾のベストシーズンは3月11月と言われています。

この時期が一番良いと言われている理由は3月と11月ともに共通しています。

暑くもなく寒くもない

11月は雨も少ないのでスコールの心配も少ないでしょう。
ただ11月は「マンゴーシーズン」が終わっています。
出回るのは10月までなので、マンゴー狙いなら暑い時期がおすすめです。

3月は春に向けて温かくなる季節。
春の過ごしやすさは日本と同じですね。

台湾の島は縦長です。
来たの台北と南の高雄は気候が変わります。

北は「亜熱帯」南は「熱帯」

南の気候はハワイに近いです。
アジアでは台湾の南側を「アジアのハワイ」と言ってリゾート地として人気です。

ちなみに「熱帯」と「亜熱帯」の違いは、「赤道に近くて暑いのが熱帯」。
熱帯の次に暑い場所を「亜熱帯」と呼ぶそうです。

続いて4月、10月、12月が良い。

7月から9月の夏の時期は台風が多いのです。
飛行機が止まっても大丈夫なように、休みは大目に取っておくほうがよいでしょう。

私は台風を避けて6月とかにも行きましたが結構暑い。
昼間の外出は5分も歩けば汗だくです(+o+)
着替えが必要…。

2月は旧正月。
この時期は大混雑するので避けるほうがよいでしょうね。
またお店も休みが多いので観光やショッピングには向かないですね。

台湾旅行が安い時期


オフシーズンを狙えば安くなります。
費用を安く抑えれば、グルメやショッピングがより楽しめますね(^^♪

ツアー価格の目安は旅行会社やグレードによって変わります。

大体2万円~4万円

これぐらいが平均的な目安と思って問題ないでしょう。

続いて安い時期です。

5月下旬から6月の雨季。
日本でも梅雨時期は安くなりますね。

台湾でも同じで雨季の6月は安いです。

9月も安くなります。
ただし、台風の季節。
キャンセルの可能性が高く、ちょっとリスキーかも。

11月から12月上旬も安いシーズンです。
年末年始がピーク時期で高くなるので、その前は安くなります。

あと企業の決算時期である3月、9月も航空券が安くなる傾向にあります。
バーゲンの情報をチェックしておくのもいいですね。


→「じゃらん」で台北のホテルを見てみる

各地の特徴

View this post on Instagram

@nomadicheeがシェアした投稿

【台北】
台湾の北部は12月から2月の冬季でも寒波が来ない限り寒くなく、日本の春から秋と同じ気候。
ただし冬季は雨が多い。
5月と6月の梅雨時期と同じ感じですね。

【台中・台南・高雄】
台湾の中部と南部は5月から10月が梅雨時期でほぼ毎日スコールが吹く。

11月から4月は乾季で阿里山も朝は寒いが冬はご来光が拝める。

その為、台湾の自然が楽しめる日月潭(リーユエタン)、墾丁 (ケンティン)、太魯閣渓谷(タイルーガーシアグー)などの台湾を代表する場所は11月から4月の乾季がおすすめ。

台湾は山岳地帯が多く、夏の暑い時期は避暑地に行くのもおすすめ。
スイスのように山ばっかりです。

最後に

今回は台湾旅行のベストシーズンについてご紹介しました。

ベストな時期は個人的に変わるかもしれませんが、過ごしやすい時期を狙うなら3月、11月を狙ってください。

安い時期はそれなりの「安い理由」もあります。
どこが妥協できるかを考えてから予約すると良いでしょう。

では、よい旅を。

ありがとうございました。