12月の台湾に行くなら!気温と服装のチェックポイントはコレ!

12月は冬休みや年末年始もあり、海外旅行に行く人が多いですね。
その中でも、日本から数時間で行ける台湾は気楽に行ける旅行先として人気上昇中!
グルメやショッピングを楽しむ女性も増えています。

日本の12月は真冬に突入して完全に寒い季節。
一方の台湾の気温や天気はどうなんでしょうか?

南国だから12月でも暑いと思っていませんか?
実はそんなことはないのです。

そこで台湾旅行に行く前に、12月の台湾の気温や天気、服装のチェックを終わらせましょう♪
暑すぎず、寒すぎず、ベストな服装を準備したいですね。

冬の台湾は意外とチェックすべきポイントがあるのです。
知っていて損はないポイントをまとめましたので、皆さんとシェアしたいと思います。(^^♪

今回は12月の台湾の気温や服装についてご紹介します。
注意点もありますので是非、参考にしてください。

スポンサーリンク



台湾12月の気温

s a y u r iさん(@sayuri___08)がシェアした投稿

12月の気温と天気

台湾は沖縄よりも南にあり「南国なので1年中温かい?」そんな夏のイメージを持っている人もいます。
しかし、台湾にも季節があり、冬はしっかりとあります!

日本と比べると、東京よりも気温は高いですが暑くはないです。
台湾は島国で、海や山の影響で雨が多い土地。
冬は曇りがちで12月の後半から本格的に寒くなってきます。

台湾の12月の平均気温は18℃ぐらいで、東京よりも気温が高いですね。
これなら寒くないのでは?
そう思ってしまいがちですが、台湾の朝晩の気温差はかなり激しいです
昼間は温かいのですが、朝晩が寒い。
台湾の人もしっかりとダウンジャケットを着ています(^^♪

寒波が来るとかなり寒くなるので天気予報のチェックは忘れずに。

12月の台湾のお天気も曇りが多く、晴天の日は少ないです。
しかし、降水量は少ないので動きやすいと言えるでしょう。

台湾の天気予報はアテにならないので、雨対策は折り畳み傘などを持ち歩けばOKです。
運が悪いと小雨が続くこともありますが、雨は少ないと思って問題ないでしょう。

↓台湾各地の12月の平均気温と降水量は、こんな感じです。

  • 台北 Taipei
    《最高気温》20℃
    《最低気温》13℃
    《降水量》 77mm
    《降水日数》16日
  • 台中 Taichung
    《最高気温》24℃
    《最低気温》14℃
    《降水量》 26mm
  • 台南 Tainan
    《最高気温》24℃
    《最低気温》15℃
    《降水量》 11mm
  • 高雄 Kaohsiung
    《最高気温》25℃
    《最低気温》17℃
    《降水量》 12mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


湿気が多いで有名な台湾ですが、この時期から乾燥気味。
クリームやリップで乾燥対策も考えておきましょう。

スポンサーリンク



12月の服装

12月の服装は長袖シャツや薄いセーターにジャケットなどの上着がベスト。

  • 長袖シャツや薄手のセーター
  • 軽いダウンや厚手のジャケット
  • マフラー、ストール
  • 帽子、手袋


上着を持っていないと冷房で困ることに。
台湾のお店や公共交通機関は冬でも冷房ガンガン
女性ならストールが便利かな。
お店に入って寒かったらサッと羽織るだけ。

湿気対策らしいですが、外よりも店内が寒いこともあり、上着は必須です。
セーターやパーカーだけで観光しようものなら、レストランで凍えることになるかも(+o+)

オススメの上着はユニクロのウルトラライトダウン。
小さく丸めて持ち歩けば邪魔になりません。
子供用のサイズも揃ってますので家族で揃えれば使わない時はカバンの底に入れておけばOK。

薄手のコートなどもよいのですが、使わない時が邪魔ですよね。

晴れた昼間などは温かいのですが、天気が悪かったり朝晩は冷えます。
また寒波も来ることが多いので、意外と寒いと思いましょう。

寒波に遭遇すると日本よりも寒い思いをするでしょう。

一方で南の方の観光を予定しているのなら、気温は高いと思って大丈夫です。

台湾は北と南で気温の差があります。
台北は寒くても、台南や高雄は快適な気温だったりします。
気温が高く20℃前後

温かさを求めるなら高雄まで行くことがオススメです。
それでも上着は必ず持って観光しましょうね。

台湾での注意点

台湾旅行で気を付けたいことをご紹介。

旅行で特に注意したいことは「蚊」。
台湾の蚊は年中発生しています。

台北は冬になると少なくなるようですが、南に行けば普通に蚊に刺されます。
最近ではデング熱などの危険性がありますので、お子さんか一緒なら特に注意しましょう。

台湾の蚊に刺されると日本製の薬は効きません。
現地で薬を買うことになります。

その前に虫よけ対策をしっかり行いましょう。

ホテルでの注意点

台湾のホテルは暖房設備がないところが多いです。
安いところだと、毛布も無いところもあるとか(+o+)

台湾旅行経験者の話でも、凍えるぐらい寒くて眠れなかった…なんて話もあります。

暖房は必要と思う人は、事前にホテルに確認すること。
「無くても大丈夫」そんな人でも、日本から温かい厚手のパジャマは準備すること。

ホテルの部屋で手袋とマフラーなんてツライですよね(T_T)

最後に

今回は12月の台湾の気温と服装についてご紹介しました。

まとめ

  • 12月から本格的に寒くなる
  • 寒波が来ると日本より寒いかも
  • 朝晩の気温差が激しい
  • ウルトラライトダウンは畳めて便利
  • 暖かい日も冷房対策で上着を持つ
  • 虫よけ対策も必須

冬の台湾は場所や時間帯によって温度に差が出てきます。
どこでも脱ぎ着できるように「重ね着」で調整しましょう。

夜市などに出かけるときも、上着をしっかり持って出かけましょう。

では楽しい台湾旅行を!
ありがとうございました。

スポンサーリンク