台湾の2月の気温はどうなの?服装はコレを準備すればいいよね?

台湾は日本でも人気が高まっている海外旅行先。
グルメやファッションを楽しむために、3時間ぐらいで気軽に行けるので観光客も増加傾向にあります。

そんな台湾の2月。
「南の国なので、2月でも気温が高くて暖かいんでしょ?」
そう思うかも知れません。

でもでも、台湾の2月は意外と寒いのです(‘Д’)
「どれぐらい寒いのか?」
「真冬のコートは必要?」

今回は、そんな疑問にお答えます。

せっかくの台湾旅行。
是非とも120%楽しめるための参考にしてください。

スポンサーリンク



台湾2月の気温と天気

2月の気温

東京の2月は真冬のピーク。
それと比べて台湾はかなり南の国になりますね。

気温も台北の2月の平均気温が15℃前後。
「なんだ、温かいじゃん♪」
そう思うでしょう?

しかーし、台湾の2月は結構寒い!
たまに来る寒波にあたると10℃以下。

台湾に住んでいる人は「ダウンジャケット」「厚手のコート」に身を包んでいます。

日本よりも温かいことに間違いはありませんが、台湾の気温は平均の数字よりもかなり体感温度が低くなる、と思っておきましょう。
↓台湾の2月の平均気温と降水量。

  • 台北 Taipei
    《最高気温》18℃
    《最低気温》12℃
    《降水量》 147mm
    《降水日数》17日
  • 台中 Taichung
    《最高気温》22℃
    《最低気温》13℃
    《降水量》 88mm
  • 台南 Tainan
    《最高気温》24℃
    《最低気温》15℃
    《降水量》 29mm
  • 高雄 Kaohsiung
    《最高気温》24℃
    《最低気温》16℃
    《降水量》 24mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


この表からも、台北でも最低気温が12℃。
あくまで平均ですので、10℃ぐらいにもなります。

晴れの日を期待したいですが、冬の台湾は曇りがち
雨も多くなるので、ぐずついた天気の中で観光することになるでしょう。

ただし、天気が良ければ20℃を超えることも。
中々、一筋縄ではいかない気温(#^.^#)

台北だけ観光するなら寒さに注意して、高雄などの南側に行くなら温かい日を想定した荷造りになりますね。

スポンサーリンク



雨対策

年間を通して雨の量は少な目の季節
でも降らないわけではありません。

小雨が何日も続くこともあるとか。

また、人気の観光地「九分」に行くなら雨対策は必須です。
「九分」で雨が降らない日はラッキーと言われています。

それも考慮して雨対策グッズは準備しておきましょう。

  • 折りたたみ傘
  • 雨合羽
  • ウインドブレーカー


ウインドブレーカーやレインコートは小さく畳めるタイプがベスト。
荷物はなるべく小さくしたいですよね(^^♪

台湾旅行での2月の服装

気温は日本よりも温かい台湾。
さすがに耳が痛くなったり、鼻の中がツーンとすることもありません。

しかし、「寒い日は寒い」
沖縄でも同じようなことがありますね。

晴れた温かい日は長袖Tシャツとジャケットで十分な日もあります。
ただ「寒い日」や朝晩はもう少し温かくしたいですね。

また台湾のビジネスホテルぐらいのクラスではエアコンに「暖房機能」がついてない場合が多いです。
電気ストーブぐらいなら準備していると思いますが…。
もっと安いホテルは、さらに微妙。

そんな場所で10℃以下の気温になったらツライですよね( ノД`)シクシク…
お子さんは風邪をひいてしまいます。

寒い場合の服装も想定して、旅行の準備をしましょう。

おすすめの服装です。

  • インナー(ヒートテックなど)
  • スパッツやレギンス
  • 長袖シャツ
  • 薄手のセーター
  • コート
  • ダウンジャケット
  • 手袋、マフラー
  • 厚手のパジャマ


コートは日本のスプリングコートで大丈夫かと。
寒い場合はコートの下に重ね着することで調整しましょう。

私のおすすめはユニクロのウルトラライトダウン。
これは小さくクルクルと丸めて収納できます。
寒いときだけ出せはいいので、使い勝手が良い。

また寒く無い日であっても、羽織るものは必須です。
台湾は冬でも湿度対策で冷房がついてる。
そんな場所が多いです。

なんと、外よりも寒い店があったとか(+o+)
だから羽織るストールや上着を持っておくべきですね。

こればっかりは、文化の違いですね。

荷物をなるべく少なくしたいなら、最低限の服装だけ持っていって、寒ければ現地調達もありでしょう。
旅行慣れしている人は、この方法で荷物を減らす工夫をしているそうです。

ただし、買える場所など把握しておく必要があるので、上級者向きですね。
私は頑張って荷物をスーツケースに押し込みます!

最後に

今回は2月の台湾の気温についてご紹介しました。

まとめ

  • 台湾の2月は寒い
  • 寒波もある
  • 体感温度も低め
  • 服装は「重ね着」で調整できるようにする

しっかりと寒さ対策をして旅行中に風邪なんてひかないように。

では楽しい台湾旅行を!
ありがとうございました。

スポンサーリンク