台湾の1月の気温は何度ぐらい?旅行なら冬の服装は持つべき?

1月の台湾は温かいと思いますか?
「南の国だから暑いでしょ?」
そう思っている人もいるようです。

台湾はグルメやショッピングで日本からの観光客も増えています。
そんな台湾の冬は寒いのでしょうか?
寒いならどれぐらい寒いのか?

「コートはいる?いらない?」
「Tシャツで大丈夫?」

そんな疑問も沢山出てくると思います。

1月の台湾の気温と必要な服装についてご紹介します。



台湾1月の気温と服装

1月の天気と気温

台湾の冬は寒暖の差が出ることが多く、コロコロと変わると思っておきましょう。
南側の台南や高雄に行くなら、それほど寒くなることは少ないですが、台北は冷える日もあります。

日本よりは気温も高いですが、寒波が来るとダウンジャケットが欲しくなるでしょう。
台北の最低気温は平均で12℃ですが、体感温度は下がります。
台湾旅行への出発前は週間天気で気温をチェックしておきましょう。

ちなみに天気予報は日本の予報が精度が高いらしいです。

曇りも多く、晴れる日は少ないです。
小雨が何日も続くことも…。

その一方で、晴れると温かくなります。
さすがに半袖は無理だと思いますが、パーカーぐらいでも大丈夫な日もあるでしょう。

台北なら日焼けの心配は少ないので、紫外線対策も心配なし。
南の台中、台南に行くなら持っていく方が良いですね。

  • 台北 Taipei
    《最高気温》19℃
    《最低気温》12℃
    《降水量》 91mm
    《降水日数》17日
  • 台中 Taichung
    《最高気温》22℃
    《最低気温》12℃
    《降水量》 36mm
  • 台南 Tainan
    《最高気温》23℃
    《最低気温》14℃
    《降水量》 20mm
  • 高雄 Kaohsiung
    《最高気温》23℃
    《最低気温》15℃
    《降水量》 20mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


普段は日本よりも穏やかな天気の台湾です。
しかし、台北は気温が低め。
寒波が来ると台北は寒いです。

そんな時は、日本の真冬の服装が欲しくなります。
コートだけでなく、手袋とマフラーも必要です。

台湾の建物は「暖房設備」が無いことが多い。
寒さ対策は「重ね着」で乗り越えることになります。

あるファミリーが冬の台湾で寒波に当たってしまい、お子さんが体調を崩した。
その時の服装は上着がパーカーのみ…。
そんな話も聞いたことがあります。

地元の人は寒がりさんが多いようで、早い時期からダウン率が高いです。
東京や関東などからの旅行だと、かなり温かく感じると思いますが、住んでいる人には普通に寒く感じるみたいですね。

週間天気などを確認して対策するようにしましょう。
難しい季節です。



1月の服装と持ち物

1月の台湾は、日本の冬の服装を準備しましょう。
さすがにロングコートは不要ですが、ジャケットは必要です。
基本的に関東の秋物でいけることが多いです。

年末年始のカウントダウンなどのイベントで夜空の下でウロウロする時間が多いなら温かい服装は多めがいいですね。
それでも調整できる服装がおすすめです。
マフラーを上手に使いましょう~(^^♪

  • インナー(ヒートテックなど)
  • スパッツやレギンス
  • 長袖シャツ
  • 薄手のセーター
  • ダウンジャケット
  • 手袋、マフラー



冬の台湾観光で便利と人気なのが、ユニクロのウルトラライトダウン

これはクルクル巻いて小さくできます。
寒くなったときだけ出せばよいので、邪魔にならず便利です。

おしゃれ感は激減しますが、持ち運びが超便利なので私は持ってます。
小さくしたときは太いペットボトルぐらいのサイズになります。
リュックの奥底にズボッと入れておけば存在すら忘れるコンパクト感がすばらしい。

出した時に「しわくちゃ」になりますが(*^^*)
緊急用として考えれば問題ないでしょう。


また、九分に行くなら雨対策は、しっかりと準備しましょう。

雨が多い九分。
観光地も狭い道を歩くので、傘だと邪魔になります。
それでもズカズカ歩けばよいのですが、すれ違いに傘がぶつかるのがストレスに感じるならカッパを準備。

雨の日は雨合羽でウロウロしている観光客が沢山います。
小雨ならウインドブレーカーでも大丈夫でしょう。
ウインドブレーカーも小さく畳めるタイプを選べば邪魔になりませんね。

  • 折りたたみ傘
  • 雨合羽
  • ウインドブレーカー


↓持ち物について別の記事に書いてます。
良かったらこちらも読んでください。

台湾旅行の持ち物で「持っていて良かった」ちょっとしたコレ!

台南とか高雄は温かいので冬物は少なめで大丈夫でしょう。
南側の気温は高いですね。

冬の台湾での注意点

台湾で困るのが「冷房」
夏だけでなく、冬でも冷房をかけています。

その理由はいくつかあるようですが、まずは「湿度対策」

台湾は年中湿度が高い。
カビ防止の為に公共施設やお店では冷房をかけているようです。

もう一つの理由が「外気との家の中の温度差を少なくする」
これは東洋医学的な発想のようです。

ホテルなども暖房設備が整っているところは少ないので、日本から温かいパジャマを準備していきましょう。
安いホテルは日本みたいな浴衣やパジャマが無い場合があります。
毛布もないところもあるようなので、心配なら予約する前に確認するよ安心ですね。

最後に

今回は1月の台湾の気温についてご紹介しました。

まとめ

  • 台湾でも1月は寒くなる
  • 特に寒波に注意
  • 体感温度も低め
  • 服装は「重ね着」で調整できるようにする

では良い台湾の旅を過ごしてください。
ありがとうございました。