台湾の3月は寒いの?気になる気温と服装はコレで大丈夫!

台湾旅行の人気が高まり、夏だけでなく春にも観光客が増えています。
日本から3時間ぐらいで行ける海外旅行先。
週末だけ台湾で楽しむ女子も増え、今後さらに人気が高まりそうです

学生さんの卒業旅行。
最後の思い出を台湾で作るのも楽しいですね。

3月は旅行会社も学生さん向けに格安プランを準備していたりします。

そんな3月の台湾。
冬から春に向けて気温も高まる季節。
日本と比べて気温はどれぐらい高いのでしょうか?

「もうTシャツで大丈夫?」
そんな声も聞こえてきそうですね。

今回は温かくなってきた台湾の気温や天気、服装についてご紹介します。



台湾3月の気温

3月の気温と天気

台湾も3月になると寒さも落ち着いてジワジワ気温も上がってきます。
3月上旬は2月の寒さが残りますが、後半に向かって気温も上がってくるでしょう。
比較的過ごしやすい季節です。

天気は不安定なので、曇りがちのお天気かと。
高雄などの南側に行くなら、かなり温かくなりますね。
というか「暑い」かも(^^♪

台湾は南北に縦長なので、気温も大きく変わるんですね。
高雄の最低気温は平均で19℃もありますから。

台北でも3月後半になれば20℃を超えてきます。
お天気の具合によって気温や体感温度も変わりますので調整が必要ですね。

3月の平均気温。
台湾全体です。

  • 最高気温平均→ 22.1℃
  • 最低気温平均→ 15.8℃
  • 平均気温→ 18.5℃

続いて台湾各地の気温と降水量です。
ご自身が行く場所の平均をチェックしてください。

  • 台北 Taipei
    《最高気温》20℃
    《最低気温》13℃
    《降水量》 164mm
    《降水日数》18日
  • 台中 Taichung
    《最高気温》25℃
    《最低気温》16℃
    《降水量》 96mm
  • 台南 Tainan
    《最高気温》27℃
    《最低気温》17℃
    《降水量》 35mm
  • 高雄 Kaohsiung
    《最高気温》27℃
    《最低気温》19℃
    《降水量》 39mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


3月上旬は寒い日もありますので注意ですね。
晴れると気温も上がって温かくなります。

やはり調整できるように重ね着対策で乗り切りましょう。

3月の服装

3月は天気によって温度差が出てくるので注意ですね。

もう日本の冬の服装は不要かと。
春の服装を準備すれば問題ないでしょう。
特にブーツなんていりません。
蒸れちゃいます(+o+)

履きなれたスニーカーが無難です。
サンダルもあると便利。

暑い日は半袖でも歩けることもあれば、寒くて上着が欲しい日もあるかも。
どちらでも対応できる準備がほしいですね。

  • ジャケットもしくは薄地ダウン※3月上旬
  • 長袖シャツもしくは長袖Tシャツ
  • カーディガンやストール
  • ジーンズなどの動きやすいパンツ


難しいのは、3月上旬は寒い日があるかも。

基本的に春物のコートで問題無いと思いますが、もしもの時に備えてダウンが欲しい。
ユニクロのウルトラライトダウンは小さく丸めることができるので便利です。
これは旅行好きには人気のアイテム。
クルクルっと丸めて、さらに圧縮させたり(^^♪

旅行プランに山間部が入っているなら、寒さ対策は必要ですね。
逆に街中を歩き回ったりするだけなら、脱ぎ着して対応できるように。

3月も半ばになってくるとパーカーぐらいが丁度よいでしょうね。

ここで注意点。
晴れて温かい日でも、上着(カーディガンなどの羽織るもの)は必須です。

台湾のお店や公共機関は冷房が冬でもガンガンの場所が多いです。
寒がりの人は特に注意して調整できるようにしましょう。

また、台湾では「汚れてもよい」服装をチョイスするのが無難です。

雨が降ると整備が行き届いていない道路では水はけは悪いことも多いです。
「水たまり」などで靴も汚れてしまうことがあります。
夜市や飲食店でも汁やタレが飛んでしまう人もいます。

台湾の街を歩いて感じるのは「段差」の多いこと。
建物を建てるときのルールが定まっていないのか、道路工事が雑なのか歩きにくい。
ベビーカーなんて使える気がしません(T_T)
謎の段差が多いので小さいお子さんや、年配の人は特に注意したほうが良いですね。

台湾の人は段差に慣れているようで気にしてないみたいです。

雨対策

曇りがちの3月は小雨も降る確率が高まります。
雨対策はしっかりと準備しておきましょう。

荷物がかさばると邪魔ですね。
傘はやっぱり折り畳み傘

雨が降ってから現地で買ってもよいのですが、私はすぐに使いたいので日本から持っていきます。
台湾の傘も質が良いものがありますが、日本で買って行く方が安心ですから。

傘を持ちたくない人は撥水加工のウインドブレーカーも便利です。
こちらも小さく畳めるのでカバンの隅っこに入れておけば邪魔になりません。

九分に行くなら、ほぼ雨が降るので雨対策は必須になります。

  • 折りたたみ傘
  • 雨合羽
  • ウインドブレーカー


晴れたら晴れたで、日焼けも心配。
女性は是非、日焼け対策グッズも準備しておきましょう。

私が台湾旅行で持っていって良かったものを記事にしています。
良かったら参考にしてください。

台湾旅行の持ち物で「持っていて良かった」ちょっとしたコレ!

虫対策

台湾は年中「蚊」がいます。
冬の台北は若干少なくなりますが、温かくなると増えてきます。

台湾には小さくて刺されたらやっかいな「蚊」がいます。

それは「小黒蚊」。
刺されるとかゆみがひどく、我慢できません。

小さなお子さんが一緒の場合、特に注意しましょう。
この「蚊」に刺されたら「絶対に掻いてはいけません」

でも小さなお子さんは我慢できないですよね?

それなら虫除けに重点を置くようにしましょう。
日本から虫よけグッズを持っていき、台湾ではなるべく草木が多い場所に行かない。

刺されてからでは遅いですからね。

最後に

今回は3月の台湾の気温と服装についてご紹介しました。

まとめ

  • 台湾の3月は気温が上がってくる
  • 20℃超える日も出てくる
  • 天気が良いと半袖もOK
  • 上着は常に持ち歩くこと

台湾の3月の気温は上旬と下旬で、かなり変わります。
前半に行くなら長袖を多く、後半に行くなら半袖を多く。
そんな感じで荷造りするとスムーズかも(^^♪

では楽しい台湾旅行を!
ありがとうございました。