台湾旅行の持ち物で「持っていて良かった」ちょっとしたコレ!

台湾旅行に行くときに、大事な持ち物はいっぱいあります。
パスポートとか、保険付きのクレジットカードとか。
これらは必須の持ち物ですね。
「持っていないとヤバイ」そんな感じ。

ただ、私が実際に行って感じた「持っていて良かった」便利なものがいくつかあります。
これは、どこに旅行に行っても便利なものなので良かったら参考にしてください。



台湾旅行に持っていって良かったちょっとした物

ウエットティッシュ

台湾の飲食店で食事をしたとき、かなりの頻度でティッシュがありませんでした。
口や手を拭きたいときに重宝します。

夜市に行ったときなどかなり使えるアイテムだと思います。

私は飛行機でもらったウエットティッシュ(食事の時についています)も持ち歩いて使っていました。
1回分ですが、ポケットに入れて手ぶらで出かけるときに便利です(*^^*)

デパートの地下で食事をした時も、手を拭くものが何もなかったので重宝しましたね。
小さいお子さんが一緒だと、かなり使いますよね~。

逆に気になるのが「現地の人」はどうしているんですかね?

ポケットティッシュ

これはウエットティッシュと同じですが、ウエットティッシュよりも使う量は多くなるので、日本から数個持っていくと良いでしょう。
思ったよりも使う機会が多いので、気持ち多めに持っていけば足りないことは無いでしょう。

100均などで5個パックなどを買えば安上り(^_-)-☆

東京などに住んでいる人は道で沢山配ってますよね。
それを貯めておきましょう~。

今思えば東京ではポケットティッシュなんて買わなかったなぁ~。

ジップロック

これは便利。
夜市など外で食べ物を買った時、どうしても余ってしまって捨てるのはもったいない。
そんな時はジップロックに入れておけば、カバンにも入れられます。
汁もれの心配の少ないです。

また、台湾の公共交通機関は飲食禁止
私は知っていましたが、タピオカミルクティーをホテルで飲むつもりで手で持って地下鉄に乗りました。
すると他の乗客や駅員さんに超ジロジロ見られました(+o+)
「ルール知らないのかな~?」と思われていたかも知れません。

スタンドで買うジュースはフタがついていますが、それでもカバンに横に入れるのは心配ですね。
だからジップロックなどに入れて持ちます。

あと、濡れたものを入れておくのも便利。
色々と使い勝手がいいですよ。

ポケットwifi

台湾にはフリーのWiFiがありますが、どこでも使えるわけではありません。
また、必要なときにネット環境が無い、なんてこともあります。

私の場合、コインロッカーを使おうとしたとき、全く使い方がわかりませんでした。
中国語と英語で説明はありますが、全く理解不可能…。
そこでスマホで調べたら1分で解決!
さすがグーグル(#^.^#)

道に迷ったときに、現在地を把握するのにも役に立ちました。
WiFi環境は大事

さらに仕事の顧客からのメールも海外旅行中でも素早く対応できたので助かった。


私は「イモトのwifi」を使いました。
保険に入らなければ1日1000円ぐらい。
5人まで同時に使えるので友達と使えば割り勘もできます。
※もちろん別行動したら使えませんけど(*_*)

私が住んでいるのが沖縄なので、那覇空港での受取&返却は出来ませんでしたが、帰国時は福岡に直行しましたので空港で返却できました。
接続方法も電源入れてパスを入力するだけなので簡単です。

ただし、バッテリーは連続で数時間しか使えないのでネットを使うときだけ電源を入れて電気の節約をしてました(^^♪


海外旅行保険付きクレジットカード

海外旅行に行く前に、海外旅行保険に入る人は多いと思います。
見知らぬ国で何が起こるか不安ですからね(+o+)

「一生に一度の海外旅行」でしたら、普通の海外旅行保険がお得でしょう。
しかし、私は毎年飛行機に乗るし海外にも行きます。

いちいち保険に入るのも面倒だし、色々と調べてみると持っているだけで海外旅行保険が適用されるカードがあったので、それに入りました。
年会費は必要ですがトータルで「安い」と感じました。

手間もかからずに羽田のラウンジなども無料で使えるので「持っていて良かった」と思えるアイテムです。
↓別記事で詳しく書いてます。

台湾旅行で保険を検討するならクレジットカードの自動付帯は便利でおすすめ!

必ず必要な持ち物

パスポート

当たり前と思いますが、意外と忘れている人もいます。
また、初めての海外で申請をギリギリまでしていない人もいます。

申請から受け取りまで10日ぐらいは見ておく必要がありますね。
書類に不備があれば、さらに時間がかかる…。

絶対忘れないで!

現金

台湾に数日滞在するぐらいなら数万円あれば大丈夫。

自分の行く場所やお土産の量などにもよりますが、そんなに使わないと思います。
相場は3万から5万ぐらい?

クレジットカードも使えるお店は多いですし何とかなります。
私の場合はお土産の値段や食べに行くお店の料金なども逆算してギリギリの金額しか両替しません。

海外の現金とか余らせてももったいないですからね。

両替は台湾の空港で到着したらすぐにありますよ。

航空券

最近ではオンラインでメールの画面でも対応できますね。

予備でメールをプリントアウトしたりします。

携帯電話(スマホ)

通話はほとんど使いませんが、今はスマホで検索する時代。

特に知らない土地でのスマホは神(*^^*)

地図や困ったことを調べるのに大変便利。
スマホが無い時代は旅行も大変だっただろうな~。

人気のお店を検索したりもします。

以前、新宿に出張に行ったとき、外国の旅行者はみんなスマホで検索しながら歩いてました。
便利な世界になったものです。

※注意
スマホは持ったが、うっかり「充電器」を忘れる人が意外と多い。
私も経験あるし、パートナーも忘れてきたこともあります。

一緒に行く人が持っていたり、なんとかなることが多いのですが「がっかり感」が強め(#^.^#)


人によっては必須なもの

誰でも旅行には必ず必要なものがありますね。
うっかり忘れないようにチェックしておきましょう(^^♪

日常で使っている常備薬
人によって使っている薬は様々ですので、忘れないように注意しましょう。

台湾でも買える薬は多いですが、すぐに手に入るとは限りません
また、日本語も必ず通じるわけではありません。
間違った薬を買うリスクもあります。

特殊な薬が必要な人はもちろんですが、簡単な鎮痛剤やお腹の薬などもあると便利ですね。

眼鏡、コンタクトレンズ

コンタクトレンズを使う人も、自宅では眼鏡を使います。

そんな人は「どちらか」をうっかり忘れてしまうこともありますね。
私は普段は眼鏡ですが、旅行などの写真を多く撮る場面ではコンタクトレンズを使います。

旅行の時は、しっかり両方持っていくようにチェックを欠かしません。

シャンプー、ボディソープ、コンディショナー

台湾のホテルでは、アメニティが物足りない場所も多いです。
特に安いホテルはその傾向が強い。

また、そろっているが「好みではない」ことも多いですね。

私は自分が普段から愛用しているものを使いたいので、
日本国内でも海外旅行でもトラベルセットに小さく分けて持っていきます。

100均でプラスチックの小さいボトルに分け、ジップロックで液漏れしないようにします。
量は少し多めにするのがコツ。

化粧品、メイク道具

セットで確認しましょう。
女性なら「忘れるわけない」と思いますが、
意外と忘れがち。

特にメイク道具は「しまった!」と思う忘れ物が多いです。
家を出る前にメイクして、そのまま忘れることも…。

出かける直前まで使うものは最後にチェックをしましょう。



無くてもよいがあったら便利なもの

圧縮パック

洋服やタオルをくるくる丸めてカバンのスペースを作ります。

荷物もコンパクトに整理しやすくなり、便利。

折り畳み傘

現地でも買えますが、日本製の高性能な折り畳みがおすすめ。

やっぱり日本で売っている傘が安くて丈夫と言われています。

荷物が多くなる場合は無理に持っていかなくてもダイジョブ。
台湾のコンビニでも買えますよ。

ガイドブックの付録の地図

私はガイドブックは邪魔なので必要なページだけスマホで画像として持っていきます。

でも付属でついているミニマップはポケットやポーチに畳んで入れて持ち歩きます。

ちょっとした時に路線図や地図を見るのに便利。

スマホだけでも良いのですが、バッテリーを節約したいんですよね(*^^*)

最後に

旅行には大事なアイテムが沢山あります。
今回紹介した持ち物はちょっとした物ですが、あると便利。
旅行の快適さが変わります。

是非、参考にしてください。
ありがとうございました。