台湾旅行のお小遣い!いくらぐらい必要?目安をご紹介

台湾旅行で必要なお小遣いはいくらぐらいが無難でしょうか?

どのような旅行にするかで必要なお金は変わります。
しかし、大体の目安ぐらいは知っていたいですよね。

台湾旅行の滞在期間は平均「2泊3日」「3泊4日」が多いです。
すると大体の予算がわかってきます。

ホテルや飛行機チケットは含めません。
そこらへんは日本で予約しているので金額は見えていると思ったからです。

あくまで旅先のお小遣いで考えました。

そこで、今回は台湾旅行で必要なお小遣いをご紹介します。


台湾旅行で必要なお小遣い

基本的に物価は安い

台湾観光の場合、台北が中心になると思います。

すると交通費も安く、あまりお金は使わないでしょう。

だいたいの目安で1日1万

2泊3日で3万ぐらい、3泊4日で4万ぐらいが平均でしょう。

私は移動はMRT(地下鉄)、食事も一般的なお店や屋台。
マッサージとお土産に結構使った感じですね。

台北市内ならMRTは片道20元であちこち行けます。

食事は屋台やローカルなお店を選ぶなら安いです。
大人で500円から1000円ぐらいのお店が多いです。

ホテルや有名レストランなら日本と同じぐらいの金額でしょうかね。

マッサージは安いお店で2000円ぐらい。
私たちは日本人が経営しているお店で全身マッサージをお願いしたので、
一人5000円ぐらいのチョイリッチなコースを選びました(^^♪

また、お土産は「何をどれぐらい」買うのかで大分変ります。

参考にパイナップルケーキを専門店で買うと、10個入りで1500円から2000円ぐらい。
ドライマンゴーは一袋1200円ぐらいだったはず。

旅行に行ったらお土産をたくさん買うタイプの人は多めに考えておきましょう。
露店などで「激安」で売られているパイナップルケーキは買わないほうが良いです。
「まずい」で有名(+o+)

ちなみに、空港の自動販売機のジュースは10元だったので50円ぐらいか。

お土産の予算を抑えるたいならスーバー

お土産は観光地で買うと高いのは、日本でも台湾でも同じ。
空港なんかで大量に買うと結構割高に。

お土産の予算を抑えてお小遣いを節約したいなら、スーパーやドラッグストアがおすすめ。

台湾のスーパーでお土産も扱っているのが「カルフール」
パイナップルケーキや台湾のお茶など、安くで買えます。

衣類や雑貨もあるので、まとめ買いして予算を抑えてはいかがでしょうか。

また、女性なら台湾コスメも気になるはず。
カルフールでもコスメは扱っていると思いますが、
ドラッグストアの方が品揃えが良いです。

「ワトソンズ」「コスメド」が有名。

「買一送一」と書いてる商品は、
「1個買うと1個おまけ」という意味。
2個で1個分の金額です。

お得でしょ(^^♪

両替


両替は台湾に到着したらすぐに空港でチェンジするほうが良いです。

必要な予算を見積もって全額両替しておきましょう。

街中で両替する場所を探すのも苦労しますし、ホテルで両替するとレートが悪いと思います。

私たちが使った桃園空港の両替所は、すぐにわかりましたよ。
対応もスムーズで「100元札」で両替してくれました。

台湾では100元札以上の現金は必要ではありません。
小さなお店や屋台ではおつりが無いので受け付けてくれないところもありますよ。

タクシーでも1000元札は「嫌がられる可能性」もあります。

日本で例えると祭りの屋台で1万円札を使う感じですかね。

また、台湾でクレジットカードが使えるお店が少ないです。
大きなデパートは使えるそうです。

私はカード払いする気が無かったので台湾でクレカは使ったことがありません。

超有名なレストランでも「現金オンリー」のお店でした。

逆に帰りの空港では現金を使い切って、クレカオンリーでお買い物。
空港はクレジットカードだけで大丈夫です。

「現金は現地で使い切る!」こんな感じで行動してます(#^.^#)

空港以外で両替できる場所

空港で両替するのが一番楽ちんですが、
「旅行中に現金を使い切ってしまった…」
なんてこともあるでしょう。

そんなときでも大丈夫。

台北市内であれば両替するのは難しくありません。

ただし、レートが悪かったり時間が掛かったりとデメリットは覚悟しましょう。

【台湾銀行】
時間が掛かりますが、レートは悪くありません。

待つときは1時間ぐらい待たされることもあるようです。
時間が無いときは使えませんね。

また、ちょっとハードルも高いかな?

【ホテル】
ホテルのフロントは便利ですね。
ただし、手数料やレートが高かったりするので緊急時に使いましょう。

【デパート】
三越やそごうにあります。

こちらも緊急時のみ使うようにしましょう。
※台北駅前に「三越」があります。
台北駅は乗り換えで利用する人も多いと思いますので、
覚えておくと役に立つかも(^^♪

※パスポートは忘れずに


台湾ドルがあまったら?

台湾ドルがあまったら再度日本円に両替したくなると思いますが、
それは止めた方がよいでしょう。

手数料が400円ぐらい必要になります。
よほどの金額ではないかぎり、空港で使い切るほうが無駄になりません。

私は余った小銭を空港でドリンク買ったりして使い切りました(^^♪

先ほどもご紹介しましたが、空港だと現金が無くてもクレジットカードが使えるお店が多いので、
現金は無くても問題ありません。

帰りの空港で現金が余ったら、さっさと使い切ってしまいましょう~。

両替以外で台湾ドルを手に入れる方法

台湾旅行でATMから台湾ドルを手に入れる方法があります。

それはクレジットカードで「キャッシング」すること。

キャッシングと聞いて「怖い…」と思ってしまう人も多いです。
「借金」のイメージがありますしね。

しかし、カードのキャッシング機能は海外のATMの使うと
すぐに現地通貨を手に入れることが出来るので便利。

また、利息が怖いと思いますが日本に帰ってすぐに返済すれば問題ありません

便利でレートも悪くないので海外旅行上級者は上手に利用しています。

ただし、日本を出る前にキャッシングを使えるように設定する必要と、
使えないATMやクレジットカードなど、事前に調べて調整する必要があります。

ちょっとレベル高い方法でした(#^.^#)

最後に

今回は台湾旅行での必要なお小遣いについてご紹介しました。

皆さん、お金をいくら持っていくか悩むと思います。
ある程度の目安がわかれば不安も少なくなると思って記事にしました。

だいたいの目安で1日1万

台湾はまだ現金オンリーのお店が多いです。
出発前にいくらぐらい使うか、出費のプランを考えておきましょう。

では良い旅を。
ありがとうございました。