台湾旅行に行く前に!気になるビザは必要なのか?解説します!

日本から他の国へ入国するときに絶対必要なのがパスポートですね。
台湾旅行に行く場合も必ず必要です。

その時に忘れてはいけないのが「ビザ」のこと。
他の国へ入国するときは「パスポート」「ビザ」が必要です。

「それなら台湾旅行に行く場合にもビザは必要?」

そう思ってしまいますが、実は台湾はビザが無くても入国できます
しかし、それには条件があるのです。

そのビザが不要になる条件とは何でしょうか?

スポンサーリンク



台湾旅行でビザは不要になる条件

cyan.sさん(@cyansze)がシェアした投稿

ビザが不要になる条件

以下の条件をクリアにしないとビザが不要にはなりません。

  • 日本国籍である事
  • 観光目的で90日以内の滞在
  • パスポートの有効残存期間が、入国日より3ヶ月以上残っている
  • 台湾出国の日時と便名が記載された航空券or乗船券を持っている
    ※第3国へ行くの場合も、同様の航空券または乗船券と必要に応じて向かう国のビザが必要
  • 入国場所は「台湾桃園国際空港」「台北松山国際空港」「高雄小港国際空港」「基隆港」「高雄港」などに限られる

まぁ、旅行で90日も滞在することは少ないと思いますが、長期滞在になる場合は期限に注意しましょう。

ビザが必要になる場合

ビザが必要になるのは「留学」「仕事(就労)」です。

申請方法は「旅行会社を通す」か「個人で申請」です。

申請する場合の以下になります。
台北駐日経済文化代表処
【電話】03-3280-7800

ビザ(査証)に関する台北駐日経済文化代表処のページです。

査証

仕事で滞在する場合も、視察や商談、技術指導などの場合はビザは不要です。

注意
ビザやパスポートなどの情報は予告なしで変わる場合もあります。
社会情勢の影響で不安を感じたら、とりあえずチェックしてみましょう。


最後に

今回は台湾旅行でビザが必要なのか?についてご紹介しました。

通常の旅行の場合は気にする必要はありません。
ただし、パスポートの期限などは事前にチェックを忘れずに。

現状の日本と台湾の間でビザの必要条件が変わる要素は、しばらくなさそうですね。
ありがとうございました。

スポンサーリンク