台湾旅行で保険を検討するならクレジットカードの自動付帯は便利でおすすめ!

台湾旅行に行くにあたって海外旅行保険に入る人は多いですね。

私も最初の頃は色々と調べて、どの保険がお得かなぁ~なんて考えていました。
金額と保障内容を比べてで悩みましたね(*_*)

しかし、結局は個別の保険は入りませんでした。

それはなぜか?

クレジットカードの保険を使うことである程度の保証が確認できたからです。

今回は私が入った海外旅行保険に使えるクレジットカードについてご紹介します。
ご自身の状況と見比べて参考にしてください。

スポンサーリンク



台湾旅行の保険はクレジットカードで!

お勧めなのは自動付帯

海外旅行に行く場合、保険に入る理由は病気と事故。

日本なら救急車と警察を呼んですぐに何とかなりそうですが、海外ならそうはいきません。
特に病気が心配でした。

私が初めて台湾に旅行に行ったときは、アメリカに行くときに台湾経由だったのがきっかけでした。

アメリカは医療費がべらぼうに高額なので保険は必須です。

色々と保険を調べていましたが、クレジットカードの「自動付帯」の効果を知ってこれを利用することにしました。

「自動付帯」とは、そのカードを持っているだけで保険が適用されること。
持っているだけでよい
ラクではありませんか?

逆に「利用付帯」という保険もあります。
これは交通費や旅行の代金をそのカードで支払うことで適用される保険のこと。

実は、私は「利用付帯」のカードも持っています。
2枚持っていきました。

しかし、限度額や利便性を考えると「自動付帯」のカードも発行して2枚で海外旅行に挑みました。

私が作ったカード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

私が作った「自動付帯」のクレジットカードです。
これを持っているだけで自動で数百万の保障があります。

金額や幅広さを考えると、かなり使えるカードと判断しました。

  • 年会費10,800円(初年度無料)
  • 死亡・後遺障害 1,000万円
  • 傷害・疾病治療費(病院や治療費) 300万円
  • 救援費(盗難や事故での持ちものを保証) 200万円
  • 携行品損害(盗難や事故での持ちものを保証) 30万円
  • 賠償責任 3,000万円


手厚いサービス

家族特約も決め手のひとつ。

上記の保証が家族にも同じレベルで適用されるありがたいサービス。
ファミリーで家族旅行を考えている人には是非、おすすめしたいですね。

セゾンゴールドは年会費が10800円必要ですが、初年度無料だから一年で解約すればいいかなーという気持ちもありました。
結果、使い続けています(#^.^#)

実際に飛行機に時々乗りますが、羽田のラウンジなどもカードを見せるだけで無料で使えます。
ドリンクも無料だし、時間制限もありません。

私は羽田で3時間ぐらいラウンジでPC作業をしてました。
もちろん、何杯もおかわりしたコーヒーは無料!

入っててよかったゴールドカード(^^♪

最後に

今回は台湾旅行に行くときの保険はクレジットカードの海外旅行保険がおすすめ、というお話しでした。

私の実感として、海外に行くたびに保険に加入する手間が省け、ラウンジも無料になるサービスはお得に感じました。
たぶん年会費を払いながら使い続けるカードになると思います。

ラウンジでPC作業がゆっくりできた時は、一回で数千円の価値を感じました。
だって空港でゆっくり作業が出来たうえに、ドリンクが何杯も飲めて無料ですからね~。

あ、ラウンジ利用の注意点はカードを所持している人だけのサービスです。
家族などは別料金ですから注意してくださいね。

ではよい旅を。
ありがとうございました。

スポンサーリンク