5月の台湾旅行!もう夏の気温?困らない服装のポイントは?

5月はGWがあり、連休に台湾旅行に行く人も多いのでは?
東京から4時間もあれば行ける海外旅行先。
台湾の人気は年々高まっていますね!

南国のイメージがある台湾ですが、気温や天気も気になります。

「5月の台湾は暑いの?」
「服はどうする?」

そんな疑問でいっぱいかと思います。

日本よりも温かい台湾。
気温は高くなっていますが、夏服だけだと、ちょっと困ったことも…

今回は5月の台湾の気温や天気、困らない服装についてご紹介します。

スポンサーリンク



台湾5月の気温

5月の気温と天気

5月の上旬は真夏のように日差しも強くない、雨季もまだなので旅行のチャンスと言えるでしょう。
湿気は常に多いので、飛行機から降りるときの湿気感を感じてください。

台湾は5月になると暑さが増してきます。
30℃を超える日も出てきて蒸し暑い。

5月も半ばになると雨季に入ってきます。
基本的にスコールなので、ジャーーーっと降って晴れたりします(#^.^#)

南国って感じですね。

もしも旅行中にスコールに出会ったら、カフェなどでお茶して待っていても良いかも。
いつの間にか雨がやんでカラッとした天気になってたりします。

フルーツも旬を迎えるものが多くなり、グルメも一層楽しめるでしょう。

台湾各地の5月の平均気温

  • 台北 Taipei
    《最高気温》28℃
    《最低気温》20℃
    《降水量》 205mm
    《降水日数》16日
  • 台中 Taichung
    《最高気温》30℃
    《最低気温》22℃
    《降水量》 225mm
  • 台南 Tainan
    《最高気温》31℃
    《最低気温》24℃
    《降水量》 176mm
  • 高雄 Kaohsiung
    《最高気温》30℃
    《最低気温》24℃
    《降水量》 177mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


5月上旬の服装

5月になると20℃以上の日ばっかりなので夏服で大丈夫かな~と思います。
女性はカーディガンなどの羽織るものを準備。

台湾のお店や公共機関は冷房が強いので冷房対策です。

台南や高雄はもう夏ですね。
真夏の服装を準備しましょう。

  • 真夏の服装を準備
  • 冷房対策にカーディガンやストール
  • ハーフパンツ、ノースリーブ、ワンピース
  • 雨や夜市で汚れてもよい服装


雨季なので雨対策は必須
服装も濡れても大丈夫なものを。

足元は泥で汚れても大丈夫なスニーカーサンダルで良いかと思います。

台湾は道路の整備が足りてない道も多いです。
特に台北以外の街ではまだまだ。

あまり綺麗すぎる靴や服装は汚れに注意。
夜市でも「汁」が飛んだり…。

ここでワンポイントアドバイス。

夜市に行くならポケットティッシュウェットティッシュは持っていきましょう。
屋台で買い物をしても、手を拭くものは基本的にありません。
たまにトイレにトイレットペーパーが無かったりします。

またビニール袋ジップロックは食べ残しを持って帰ったり、ゴミを入れておくのに便利。

スポンサーリンク



台湾旅行の注意点

湿度が高く、気温も高いと熱中症の危険があります。

水を持ち歩き、水分補給をこまめに取ることを忘れずに。
観光で歩き回ると思った以上に汗をかきますからね。

コンビニでも水は買えますので、ご心配なく。

また、ファミリーで旅行する場合は、生ものに注意
生水だけでなく、氷も気を使いましょう。
大人は大丈夫だと思いますが、小さなお子さんに気軽に屋台の生ものやフルーツは食べさせない方がよろしいかと。

薬は日本から持参しておくことをオススメします。

最後に

今回は5月の台湾の気温と服装についてご紹介しました。

まとめ

  • 5月半ばから雨季にはいる
  • 気温も30℃を超える日が出てくる
  • 真夏の服装
  • 冷房対策と雨対策
  • 日焼け対策グッズを準備

5月からマンゴーが出回ります。
かき氷でも、そのままでも美味しいマンゴー(^^♪
食べ過ぎ注意です。

では楽しい台湾旅行を!
ありがとうございました。

スポンサーリンク