台湾の4月、過ごしやすい気温ってホント?服装はここに注意!

台湾も4月になると気温が穏やかになる季節。
グルメやショッピングで人気上昇中の台湾。

春休みのタイミングでもあり、観光客も増えています。
最近はおしゃれなお店もありますしね。

そんな4月の台湾。
「もう暑いの?」
「服装はどうするの?」

なんて疑問が出てきます。

私も知らない頃は「夏ぐらい暑い」と思ってました。
日本よりも温かい台湾の4月。
どれぐらいの気温や天気で、どのような服装を選べばよいのでしょうか?

今回の記事で服装や持ち物の悩みは減るかと思います。
是非、参考にしてください。

スポンサーリンク



台湾4月の気温

4月の天気と気温

台湾の4月は日本と同じく「春」
過ごしやすく、観光するにはベストシーズンという人もいます。

降水量も少なく、台風で悩むこともない。

平均気温は20℃を超える日も多く、心地よい観光が楽しめるでしょう。
太陽が沈むのも遅くなり、18時頃まで明るくなります。

ただし、季節の変わり目であるため、朝晩は冷えることも。
日中はTシャツ1枚で大丈夫でも、朝晩は上着を羽織りたくなりますね。

降水量が少なくても、雨が多いことに変わりはないので、雨対策は必須です。

台湾各地の4月の平均気温

  • 台北 Taipei
    《最高気温》24℃
    《最低気温》17℃
    《降水量》 182mm
    《降水日数》15日
  • 台中 Taichung
    《最高気温》28℃
    《最低気温》19℃
    《降水量》 135mm
  • 台南 Tainan
    《最高気温》29℃
    《最低気温》21℃
    《降水量》 85mm
  • 高雄 Kaohsiung
    《最高気温》29℃
    《最低気温》22℃
    《降水量》 73mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


スポンサーリンク



4月の服装

WendeeWuさん(@w.homebake)がシェアした投稿


準備したい服装は日本の「春物」「夏物」
朝晩の気温差を考えて揃えましょう。

コートなどの冬服は不要です。

昼間は暑いと思いますが、台湾観光の注意点は「冷房」
お店や公共機関の冷房が強いので、羽織る物を常に持っておきましょう。

台湾の人の服装もバラバラで長袖の人もいれば、半袖短パンサンダルの人もいます。
ご自身が暑がりか、寒がりかで調整するようにしましょう。

  • Tシャツや半袖
  • カーディガンやストール
  • ハーフパンツ
  • ジーンズなどの動きやすいパンツ


台南高雄などの南側に行くなら夏の服装をメインに。
長袖はいざという時にウインドブレーカーを小さく畳んでカバンの底へ。

南部に行くなら紫外線対策は忘れずに。
日焼け止め、日傘、帽子など日焼けしないようにしましょう。

最後に

今回は4月の台湾の気温と服装についてご紹介しました。

まとめ

  • 台北は20℃前後で過ごしやすい
  • 南部は暑くなる
  • 半袖メインで調整用の上着
  • 日焼け対策を忘れずに

昼間は温かいですが、油断は禁物。
朝晩の冷えを考えて、調整しやすい服装を選びましょう。

では楽しい台湾旅行を!
ありがとうございました。

スポンサーリンク