12月の台湾旅行!気温や服装の対策はコレ!台北から高雄まで

12月は冬休みや年末年始もあり、海外旅行に行く人が多いですね。
その中でも、日本から数時間で行ける台湾は気楽に行ける旅行先として人気上昇中!
グルメやショッピングを楽しむ女性も増えています。

日本の12月は真冬に突入して完全に寒い季節。
一方の台湾の気温や天気はどうなんでしょうか?

南国だから12月でも暑いと思っていませんか?
実はそんなことはないのです。

そこで台湾旅行に行く前に、12月の台湾の気温や天気、服装のチェックを終わらせましょう♪
暑すぎず、寒すぎず、ベストな服装を準備したいですね。

冬の台湾は意外とチェックすべきポイントがあるのです。
知っていて損はないポイントをまとめましたので、皆さんとシェアしたいと思います。(^^♪

今回は12月の台湾の気温や服装についてご紹介します。
注意点もありますので是非、参考にしてください。

【関連記事】
台北駅周辺のご飯が美味しいおすすめグルメ【6選】




台湾12月の気温

台北の気温は何度ぐらい?

台湾は沖縄よりも南にあり「南国なので1年中温かい?」そんな夏のイメージを持っている人もいます。
しかし、台湾にも季節があり、冬はしっかりとあります!

特に観光客が多く訪れる台北は「北部」にあたります。
気温は台湾の中でも低い地域です。

日本と比べると、東京よりも気温は高いですが暑くはないです。
台湾は島国で、海や山の影響で雨が多い土地。
冬は曇りがちで12月の後半から本格的に寒くなってきます。

台湾の12月の平均気温は18℃ぐらい
台北の平均気温はさらに下回ります。

12月上旬から下旬に向けて平均気温は下がっていきます。

12月上旬の平均→最高気温25度前後 最低気温20度前後
12月中旬&下旬→最高気温20度前後 最低気温15度前後

東京よりも若干気温が高いぐらいですね。

「これなら寒くないのでは?」
そう思ってしまいがちですが、台湾の朝晩の気温差はかなり激しいです
昼間は温かいのですが、朝晩が寒い。
台北の人はしっかりとダウンジャケットを着ています(^^♪
寒がりが多いようです。

寒波が来るとかなり寒くなるので天気予報のチェックは忘れずに。

台中・台南・高雄の気温

台北と違って南に行くほど「季節感」はなくなります。
台南や高尾は昼間はTシャツで活動し、夜に長袖を着てねる。

そんな感じです。

↓台湾各地の12月の平均気温と降水量をまとめると、こんな感じです。
台北に行く人が多いので赤字にしておきます。

  • 台北 Taipei
    《最高気温》20℃
    《最低気温》13℃

    《降水量》 77mm
    《降水日数》16日
  • 台中 Taichung
    《最高気温》24℃
    《最低気温》14℃
    《降水量》 26mm
  • 台南 Tainan
    《最高気温》24℃
    《最低気温》15℃
    《降水量》 11mm
  • 高雄 Kaohsiung
    《最高気温》25℃
    《最低気温》17℃
    《降水量》 12mm

参考サイト:http://www.ryoko.info


12月のお天気と降水量

12月の台湾のお天気も曇りが多く、晴天の日は少ないです。
しかし、降水量は少ないので動きやすいと言えるでしょう。

台湾も冬ですのでスコールは減ってきます。

台北市は湿度が高く、他の地域に比べて雨が多めです。
台中、台南、高雄などは乾燥し雨量は少ないです。

雨の心配は台北だけで大丈夫でしょう。

台湾の天気予報はアテにならないので、雨対策は折り畳み傘などを持ち歩けばOKです。
運が悪いと小雨が続くこともありますが、雨量は少ないと思って問題ないでしょう。

特に、人気の観光地「九份」に行くなら雨具は必須。
ほぼ毎日雨が降るといわれている場所です。

折り畳み傘や雨合羽を準備したほうが良いですね。

北部を中心に湿気が多いで有名な台湾ですが、この時期から乾燥気味になります。
肌が弱い人はクリームやリップを持参して湿度が低い場合の対策も考えておきましょう。

のちに説明しますが、乾燥すると冬は空気の汚れで喉をやられます。
「うがい」もしましょうね。

12月台湾・日の入り時間

台湾のサンセットを狙いたいならチェックしましょう。
有名観光地の夕日は美しい。

台北101も夕日は綺麗ですよ。
「九份」の夕暮れも幻想的ですよね。

とりあえず12月の「日没時間」をチェックしておきましょう。
ちなみに台北101の夕日撮影スポットは象山です。
場所取りの争いが激しいと思います。

    12月の日没時間

  • 12月1日 17:08
  • 12月10日 17:10
  • 12月20日 17:13
  • 12月31日 17:19


冬にひどくなる台湾の大気汚染

「台湾は海に囲まれて空気がキレイでしょ?」
そんなイメージを持っている人も多いかもしれません。

しかし、台湾は空気が汚れていて、社会問題にもなっています。
数年前はデモも起こっているぐらい深刻な問題です。

台湾の空気が悪くなる時期は11月から2月ごろまで
冬の時期ですね。

台湾に移住した日本人も空気が悪いので健康被害が心配だと語っていました。

日本の旅行者が多い台北市は比較的キレイです。
問題は台南、高雄などの南側の西海岸付近。

原因は3つ。
「道路からの排気ガス」
「火力発電などの排煙」
「中国からのPM2.5」

それぞれ同じ割合で空気汚染の原因になっています。

台北は車などの排気ガスぐらいです。
ちょっと旅行するぐらいなら問題は少ないでしょう。

しかし、中部や南部に行くなら空気汚染対策は必須です。

「PM2.5対応マスク」
「窓ガラスは閉める」
「空気清浄機を使う」

などの対策が必要です。

台北は湿度が高めで雨も降るので被害は少なめらしいです。
それでもアレルギーなど持っているならマスクなどで対策して観光しましょう。

南側の工業地帯などは、ひどい日は朝から空が白くかすんでいるそうです。
1970年代の東京の大気汚染のようですね。



12月の服装

台北のコーデはこれで!

12月の服装は「長袖シャツや薄いセーター」その上に「ジャケット」などのコーデがおすすめ。

  • 長袖シャツや薄手のセーター
  • 若い子はパーカーなども多い
  • 軽いダウンや厚手のジャケット
  • マフラー、ストール
  • 帽子、手袋


↓12月の夜市の様子です。年末の夜市を周っているので沢山の服装が確認できます(^^♪

注意点!
昼間の気温が高く暑くても、上着を持っていないと冷房で困ることに。
台湾のお店や公共交通機関は冬でも冷房ガンガンな場所もあります。
女性ならストールが便利かな。
お店に入って寒かったらサッと羽織るだけ。

湿気対策らしいですが、外よりも店内が寒いこともあり、上着は必須です。
セーターやパーカーだけで観光しようものなら、レストランで凍えることになるかも(+o+)

また寒波も来ることがあるので、その時はかなり寒いです。
寒波に遭遇すると日本よりも寒い思いをするかも知れませんね。

【関連記事】
失敗しない台湾旅行の持ち物はコレ!

台中・台南・高雄のコーデ

一方で台湾の南側の観光を予定しているのなら、気温は高いと思って大丈夫です。

台湾は北と南で気温の差が結構あります。

台北は寒くても、台南や高雄は快適な気温だったりします。
気温が高く20℃前後

昼間はTシャツ1枚。
夜だけ長袖の寝る。

日本の春秋をイメージするとよいかもしれません。

温かさを求めるなら高雄まで行くことがオススメです。
それでも上着は必ず持って観光しましょうね。

冷房対策です。

おしゃれはほどほどに

せっかくの旅行なのでガッツリおしゃれしたくなりますが、あまりにも綺麗すぎる服装はマイナスに。

何故なら夜市やローカルなお店はまだまだ不衛生なところも多いのが現状です。
白っぽい服、靴、などは汚れる可能性が大大大!

雨が降ると足元も悪くなるし、汚れるし…。
夜市で食べ歩きをすれば汁が飛ぶし、油もたれるし…。

ある程度「汚れること」を想定するほうが無難かな~と思います。

台湾の人もかなりラフな服装が多いです。
とりあえず「白系」を避けるだけでも良いかと思います。

年末年始の服装

年末年始の連休に台湾旅行に行く人も多いですよね。
楽しいイベントも多いし、台湾の年末年始は休みのお店も少ない(メインは旧正月のため)。

夜のカウントダウンなんかは服装が気になります。
楽しいですが、混雑するし何時間も夜空の下で待機することも想定しましょ。


オススメの上着はユニクロのウルトラライトダウン。
このダウンは薄いのですが、台湾の冬はこれぐらいで十分かなぁ~という気がします。
山の上とかに行くなら話は別ですが、台北の市内を観光するなら大丈夫でしょう。

年末年始のカウントダウンもこのダウンを着て、寒ければインナーで調整。
ちょっと厚手のババシャツでも一枚あれば重宝するかと思います。

台北でユニクロに行くなら別記事で紹介しています。
台北駅近くのユニクロの場所【地図付き】


ユニクロのダウンは小さく丸めて持ち歩けば邪魔になりません。
子供用のサイズも揃ってますので家族で揃えれば使わない時はカバンの底に入れておけばOK。
丸めたときは500mlのペットボトルよりちょっと太いぐらいの大きさです。
ダウンを買った時に付いている袋が大事なので捨てないように。

薄手のコートなどもよいのですが、使わない時が邪魔ですよね。

晴れた昼間などは温かいのですが、天気が悪かったり朝晩は冷えます。
あと年末になれば台北市内では、さすがに半袖は使わないでしょう。

台湾での注意点

台湾旅行で気を付けたいことをご紹介。

台湾旅行で特に注意したいことは「蚊」。
台湾の蚊は年中発生しています。

台北は冬になると少なくなるようですが、南に行けば普通に蚊に刺されます。
最近ではデング熱などの危険性がありますので、お子さんか一緒なら特に注意しましょう。

台湾の蚊に刺されると日本製の薬は効きません。
現地で薬を買うことになります。

その前に虫よけ対策をしっかり行いましょう。
台湾旅行で気になる蚊の対策方法とは?発生時期はいつ頃?

1月の気温や服装について別記事に書いてます。
台湾の1月の気温は何度ぐらい?旅行なら冬の服装は持つべき?

ホテルでの注意点

台湾のホテルは暖房設備がないところが多いです。
安いところだと、毛布も無いところもあるとか(+o+)

基本的に「夏仕様」です。

台湾旅行経験者の話でも、凍えるぐらい寒くて眠れなかった…なんて話もあります。

「暖房は必要」と思う人は、事前にホテルに確認すること。
「無くても大丈夫」そんな人でも、日本から温かい厚手のパジャマは準備すること。

ホテルの部屋で手袋とマフラーなんてツライですよね(T_T)

【関連記事】
台湾旅行のお小遣い!いくらぐらい必要?目安をご紹介
台湾旅行!12月にマンゴーかき氷が食べられる台北のお店!
12月の台湾で最大イベント!台北101カウントダウン花火!
台北駅から士林夜市への行き方をご紹介!地下鉄が便利です!
台北夜市ランキングTOP3!台湾初心者ならココから行ってみよ!

最後に

今回は12月の台湾の気温と服装についてご紹介しました。

まとめ

  • 12月から本格的に寒くなる
  • 寒波が来ると日本より寒いかも
  • 朝晩の気温差が激しい
  • ウルトラライトダウンは畳めて便利
  • 暖かい日も冷房対策で上着を持つ
  • 虫よけ対策も必須

冬の台湾は場所や時間帯によって温度に差が出てきます。
どこでも脱ぎ着できるように「重ね着」で調整しましょう。

夜市などに出かけるときも、上着をしっかり持って出かけましょう。

では楽しい台湾旅行を!
ありがとうございました。