台湾の夜市が何時まで営業しているのか一覧にしてみました!

台湾旅行の楽しみと言えば、「夜市」
昼間が暑い台湾では太陽が沈んだ夕方から街が活発になるような気がします(^^♪

台湾グルメは日本人好みの料理が多いのが特徴。
そんな夜市に繰り出したいところですが、何時まで営業しているのか気になりますね

営業時間は屋台によってバラバラですが、夜市によって大まかな営業時間があります。
今回は台湾の夜市で人気の場所を中心に夜市が何時から何時頃まで営業しているのか、一覧にしてみました。

是非、台湾旅行に行くときの参考にしてください。

スポンサーリンク



台湾の夜市は何時まで営業してるの?

夜市のお店は屋台だけでなく、路面のお店も含まれます。
コンビニや洋服屋さんなど昼間から営業しています。
また、飲食店も屋台ではなく、ちゃんとした店舗の場合は昼間から深夜まで営業しているお店も多いです。

屋台の夜市も材料が無くなったり、客足が少なくなったら閉店するなど明確な閉店時間はないようです。

地下鉄で遊びに行く場合は、終電の時間に遅れないように行動しましょう。

YUさん(@itssho914)がシェアした投稿

台北の夜市

士林夜市(台北)

台湾で最大規模の超有名夜市。
夜市の中心は「士林市場」でアーケードにもなっている。
グルメだけでなく、お土産屋さんから洋服、雑貨まで1日では周れない巨大夜市ゾーン。
地元の人も多いが、主に観光客がメインの夜市と言えるでしょう。

【営業時間の目安】15時00分から深夜1時00分


饒河街観光夜市(台北)

台湾台北市松山区に位置する士林夜市と並ぶ有名な夜市。
地下鉄からも近く、特徴は600メートルの1本道に並ぶ屋台。
長さだけで言えば、台北で一番。
最寄り駅は松山駅(徒歩3分)。

【営業時間の目安】16時00分から深夜0時00分


寧夏観光夜市(台北)

美味しいB級グルメを堪能したいならこの夜市。
地元の人も、普通に通っている老舗の屋台が多い。
テーブルとイスが用意されており、ゆっくりと座って食べることができる。
最近は日本人観光客がそこで酒盛りをしていることが多いようで、地元の人からの評判は良くないらしい(‘Д’)

【営業時間の目安】17時00分から深夜1時00分


臨江街夜市(台北)

大安区の住宅街に位置する臨江街夜市は合法的に開かれた夜市。
まだ8年と歴史は浅く、合法的に開設している夜市は珍しい。
地元の人が多い、仕事かえりに晩御飯をここで食べる人も結構います。
お店によっては深夜2時まで営業しているところがあるので、夜遅い時間まで遊びたい人にはおすすめ。

【営業時間の目安】18時00分から深夜2時00分


公館夜市(台北)

学校が集まる台北南部にある夜市。
場所柄、学生が多く地元の人が利用する夜市。
屋台は路地に分散され、夜市の場所が明確ではない。

【営業時間の目安】15時00分から23時45分


師大夜市(台北)

こちらも大学が近く、若者が多い夜市。
安くて美味しいお店や雑貨屋さんが並んでいる。
ショッピングを楽しみたい人にはおすすめ。
近年は騒音などの問題で縮小している。

【営業時間の目安】17時00頃から深夜1時00


華西街夜市(台北)

板南線龍山寺駅から7分ぐらいの距離で、観光名所の龍山寺が近い。
アーケードの通りに肉や海鮮のお店が並ぶ。
昔は歓楽街があったことから大人向けのお店が多い。
ディープな台湾が味わえるでしょう。

【営業時間の目安】16時00分から深夜0時00分


雙城街夜市(台北)

小規模だが近くには日本人が良く利用するホテルが多い。
距離的に気軽に足を運べるでしょう。
路地にファッション系のお店もある。
この夜市の特徴は朝も屋台が並ぶこと。
近くのホテルに宿泊する際には朝ごはんを食べに行くのも楽しいかも。

【営業時間の目安】18時30分から深夜0時00分



スポンサーリンク



台中の夜市

逢甲夜市(台中)

台中市で最も有名で最大規模の逢甲夜市。
台湾で流行る食べ物はこの夜市から生まれると言われています。
グルメで有名な台中なので夜市の屋台も美味しいと人気です。

【営業時間の目安】16時00分から深夜2時00分


忠孝路夜市(台中)

グルメ専門の夜市で、地元の人にも人気の夜市。
台中以外からも美味しいものを求めて多くの人が訪れます。

【営業時間の目安】16時00分から深夜2時00分


旱溪夜市(台中)

古いスタイルの夜市で、広場にお店が並びます。
地元の人が多く、週末には大変混雑します。
開催日は毎日ではなく、火曜、木曜、金曜、土曜。
輪投げやゲームなどもあり、お祭りに近いかも知れません。
場所がわかりづらく、観光客はほとんどいません。

【営業時間の目安】17時00分から深夜0時00分


台南の夜市

花園夜市(台南)

台南の夜市は曜日で開催日が決まっています。
「流動夜市」というそうです。
この花園夜市も開催日は木曜日、土曜日、日曜日。

【営業時間の目安】18時00分から深夜1時00分


大東夜市(台南)

花園夜市が開催されていなければこちらに行きましょう。
大東夜市は月曜、火曜、金曜が開催日です。
どちらも地元の人ばかりなので日本人はいないでしょう。
もちろん日本語は通じません(^^♪

【営業時間の目安】18時00分から深夜1時00分


高雄の夜市

六合夜市(高雄)

高雄最大の夜市「六合夜市」。
ガイドブックにもよく掲載されている有名な夜市です。
夜市のはじまりは小さい屋台が集まっていただけの小規模なものだったらしい。
それが規模拡大し、現在の姿になったそうです。
高雄駅からも近く、アクセスも良い。

【営業時間の目安】18時00分から深夜2時00分


自強夜市(高雄)

この「自強夜市」は50年の歴史があり、地元の人に人気の夜市。
観光客は少なく、道端に屋台が出ています。
車やバイクがビュンビュン通る夜市なので気を付けましょう。

【営業時間の目安】17時00分から深夜2時00分


持ち物と注意点

  • 小銭
  • ウエットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • ジップロック
  • ビニール袋
  • エコバッグ

夜市では小銭を準備して向かいましょう。
大きなお金はお釣りが無い場合もあります。

屋台には手を拭くものがないのでウエットティッシュは必須。
手や口を拭くだけでなく、座るテーブルや椅子が汚いことも(+o+)

ポケットティッシュは手や口を拭くだけでなく、トイレにも使えます。
台湾のトイレはトイレットペーパーが無いことが多い。

ジップロックは食べ残しを持って帰る時に便利。
ゴミ袋としても使えます。
別でビニール袋を持っていくのも良いですね。

エコバッグにまとめて入れることができるので持っていく方が便利です。

トイレは見つけたら行くようにしましょう。
地下鉄を使う場合は駅で入っておくと良いですね。

最後に

今回は台湾の夜市が何時まで営業しているか有名どころを一覧でご紹介しました。

まとめ

  • 士林夜市(台北)
  • 饒河街観光夜市(台北)
  • 寧夏観光夜市(台北)
  • 臨江街夜市(台北)
  • 公館夜市(台北)
  • 師大夜市(台北)
  • 華西街夜市(台北)
  • 雙城街夜市(台北)
  • 逢甲夜市(台中)
  • 忠孝路夜市(台中)
  • 旱溪夜市(台中)
  • 花園夜市(台南)
  • 大東夜市(台南)
  • 六合夜市(高雄)
  • 自強夜市(高雄)

屋台によって営業時間は異なりますが、目安として利用してください。

では楽しい台湾旅行を!
ありがとうございました。

スポンサーリンク